銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは?

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは?

銀行カードローンと消費者金融カードローンの最も大きな違いは、総量規制の適用の有無です。総量規制の規定を遵守しなければならないのは貸金業法に基づいて営業している消費者金融会社の方で、この規定が存在することにより、顧客の借入残高が年収の3分の1を超えている場合は、顧客が超過している分を返済しないかぎり新規にお金を貸し付けてはならないほか、希望の限度額が50万円を超える場合か、希望限度額と他社からの借入残高の合計が100万円を超える場合には収入証明書類の提示を求めなければなりません。一方、銀行法に基づいて営業している銀行には総量規制の適用はありませんが、一定金額を上回る限度額を希望すると収入証明書類を提出するよう求められるので、多額のお金を借り入れたいのであれば申し込みをする前に源泉徴収票や確定申告書などといった書類を用意しておきましょう。

また、審査の仕組みにおいても、銀行と消費者金融では少し異なります。消費者金融は自社だけで申込者の信用力を審査しますが、銀行は業務委託契約を締結している信用保証会社も審査に関与します。銀行のカードローンは担保や連帯保証人が不要となってはいますが、実際には信用保証会社が連帯保証人と同等の役割を果たしており、利用者が長期にわたって借入金の返済を延滞させてしまった場合に代位弁済を実施します。ただし、信用保証会社の場合、代位弁済後に返済するために出費した金額の支払いをローン契約者に求める点が連帯保証人とは異なります。

かつては、銀行のカードローンの方が審査が厳しい分、適用される金利が低いといわれることもありましたが、消費者金融会社でも利率が低めのローン商品を展開するようになったこともあり、商品の質において銀行との差は上記の点を除けば殆どなくなっています。
参考

コメントは受け付けていません。